新しい元号。あなたが好きな元号は、なんですか??
投票してね!

匿名@ゲストさん。

Q&A、プレスリリース

プレスリリース1

誰でも新元号を投票できるサイトがついに登場。知性派必見の、集合知で未来を探るイニシアチブサイト。

2017年10月、新元号の総選挙がはじまった。新元号を国民の投票で提案しあおうじゃないか、というのがその趣旨。正式な名称は、「元号総選挙(https://www.gengou.jp)」だ。

スマホやパソコンからいますぐ投票でき、得票状況がリアルタイムで更新される。誰でも匿名で無記名投票ができる。ユーザー登録をすれば記名投票ができる。同じ候補にも、異なる候補にも、何回でも繰り返し投票できる。すべて全くの無料だ。

AKBの総選挙のような元気なお嬢さんたちのにぎやかさではないが、ユーモアいっぱいの投票ゆるキャラ「ヒョウちゃん」が、日本の選挙のように記入式の投票方式や、諸外国の選挙のようなチェックシート方式の投票などを丁寧に案内してくれる。特に、漢字のつまったデータベースサーバーに元号候補をたくさん考えさせ、その中から選ぶといった21世紀ならではの投票方式では、小学生から高齢者までキーボードを使うことなくボタンを押すだけで好きな元号を投票できる、という優れものだ。

元号総選挙サイトをつくったのは、プロのサイト構築会社ではなく、自力で開発言語を書けるように勉強したアマチュアプログラマの悦空(えっくう)さん。団塊の世代の高齢ご隠居様だ。「選択肢があれば知勇が湧く。選択肢がなければ貧で鈍する」をモットーに、世界中のいろいろな選択肢を蒐集してネットで公表する調査研究活動を、老後のテーマに選んだ。

平成の次はどんな元号になるのか。邪悪元年とか災害元年では困るが、まあ、過去に使われたことがない組み合わせの漢字2字で、気嫌いされるものでなければ、なんだってかまわない。というのが普通の国民の感覚だろう。

しかし、悦空さんは、国民全員が近いうちに元号を新しいものになることをわかっていて、まだしばらく時間があるというような状況は、歴史上はじめての大チャンスだという。いまなら、国民は新元号のアイデアをあれこれ言えるからだ。もちろん、法律で元号は政府が決めるとされているが、国民が個々に良いと思う元号候補を自由闊達に意見を述べ合うことで、全体として次の時代がどうあってほしいか、集合知が見えてくるはずだという。AIとその周辺技術が成熟していない他の時代なら不可能だったことが、いま可能になっている。それをチャンスとして、国民から良いと思う元号候補の言葉を集め、AIを含めて情報技術的にデータ解析すれば、どんな元号を国民が望んでいるか、浮かび上がってくるはずだ、という。

元号総選挙サイトは国民の集合知を見出そうとする試みでもあり、漢籍と漢字の碩学に案を求めるのとはまったくちがうアプローチとして、この時代だからこそ取り組まねばならない意義があると、悦空さんはいう。

なにやらむつかしい意義はともかく、実際にサイトで投票してみると、戸惑うことなくサクサクといける。データベースサーバーに元号候補を考えさせると、いかにもそれらしい元号が提案されてきて、じつに興味深い。元号候補のひとつひとつを評価判定する判断機能も備わっており、「元号の条件に反していない」か「元号として見込みなし」とか、容赦なく判定される。

思いついた元号候補が、過去の中国の文献に使われているかどうかを台湾の国立研究院の漢籍全文データベースで調べる方法や、日本のどこかの屋号につかわれていないかどうかを国税庁の公開データベースを使って調べる方法もわかりやすく、チュートリアルされている。

そのほか、こまごまとした機能も充実しているが、一般の投票者にとって楽しみなのは、自分の投票した元号候補がほんとうの元号になるかどうかだ。

ユーザー登録して投票した元号候補が後日ほんとうの元号になった場合、賞金はないが、かわりに「新元号あてたよ証明書」を発給してくれる。新元号を当てたというのは、ちょっとした自慢の語り草にできるだろう。

とにかく、一度投票してみることをお勧めする。元号総選挙サイトは、ホームページでもブログでもなく、商品販売サイトでもなく、何かのアフターサービスのサイトでもない。あえていうなら、データベースを駆使して何かを社会に提起しようとしているイニシアチブサイトだ。高齢の個人の非営利のいわば零細サイトでもここまでできるという稀有な実例だ。元号に興味ない人でも、一見の価値あり、といえるだろう。


プレスリリース2

やがて我々が使うことになる新元号はどこにある?。

教育漢字1006が2文字、つまり、101万2036件の2文字熟語のなかにあるはずだ。
範囲を常用漢字2136件までひろげたとしても、2136x2136=456万2496件の2文字熟語の中に必ずある。456万件といえばたいへんな数に思えるが、普通の性能のパソコンで簡単に扱えるデータ数である。

このたびオープンした「元号総選挙」(https://www.gengou.jp)サイトは、この456万件の全件を新元号の可能性がある立候補者とみなし、投票によって競い合わせるサイトだ。いわばネットを使って行う新元号の自主的な「国民投票」。456万の候補の中から新元号をお選びくださいというわけだ。

内部データベースに教育漢字・常用漢字・JISの第1第2水準漢字・既存の元号に使われた単漢字221個ほかのデータをそろえ、各文字の属性(よみ、画数、それを使った既存のことばなど)もそろえられているので、元号候補の熟語すべてを、さまざまな角度から点数化して評価でき、その評価の明細がつつみかくさず表示される。人々はひとつひとつの元号候補に「好ましい」「好ましくない」を投票できるようになっている。その得票状況は、リアルタイムで順位づけされて表示される。順位をみれば、一目で、国民投票者の意向が浮き上がってくるような仕組みになっている。

元号法で元号を検討する役目を担う政府当局では、漢籍学や漢字学の碩学に選択をゆだねるという昔ながらのやりかたを踏襲する。それはそれとして一方で、いまは21世紀。ネットやAIという情報技術を使って国民の新元号に関する希望やフィーリングを集合知としてつかむオープンな努力があってもようにではないか。 そのような試みを実現するために市井のご隠居高齢者が自分でデータベースプログラミングしてしまったのが、この「元号総選挙」サイトである。

AKBの総選挙のような元気なお嬢さんたちのぎやかさではないが、サイト画面では、ユーモアいっぱいの投票ゆるキャラ「ヒョウちゃん」が、日本の選挙のように記入式の投票方式や、諸外国の選挙のようなチェックシート方式の投票などを丁寧に案内してくれる。特筆すべきは、ボタン一つでデータベースサーバーに元号候補を1回20個考えさせ、その中から選ぶといったゲーム感覚でできる投票方式も構築されており、小学生から高齢者までキーボードを使うことなく、画面タップやマウスクリックだけで好きな元号を投票できる、という優れものだ。

新元号の条件として、一部では「公知になってしまったものは採用の対象からはずれる」という議論もあるが、新元号は常用漢字タイプ456万件か教育漢字タイプ101万件の中に存在することは自明なのだから、どのみち新元号は最初から公知のようなものだと、サイト制作者は考えている。かくすことも秘密にすることもない。すべてをまな板のうえにのせて優劣を検討すればよい。元号総選挙サイトには、個別の元号候補について賛否を表明する掲示板もあり、オープンで自由闊達な議論ができる。

思いついた新元号に手垢が付いていないかどうかも調べられる。中国や朝鮮の漢籍で使われたことがあるかどうかについても、台湾の漢籍データベースを無料でつかう使い方のチュートリアルや、日本でだれかが商売の屋号に寺社の施設名に使っていないかについては、国税庁の法人番号公表サイトのデータベースを無料で使うチュートリアルも掲載されている。こうした機能がそろえられているので、適切な新元号を考えるという案外むつかしい作業がいとも簡単にできてしまう。このサイトを訪ねて、ひとつふたつは投票してみるべきだ。 あなたが投票した元号候補がほんとうの元号として採用されても賞金はないが、予言があたった記念に「新元号あてたよ証明書」を発行してもらえる。新元号は常用漢字タイプ456万件か教育漢字タイプ101万件の中に存在することはわかっているのだから、投票したひとの中に、必ずあたる人がいるはずだ。「わたしは新元号を予言してあてた」と死ぬまで自慢できることは請け合いだ。さあ、夢を買うような気分で、新しい元号を予想して楽しもう。



©
(選択肢研究所)

©